THE TERMINAL

2012.02.22

SUKIYAKI 4

日々仕事をする中で浮かんでくるアイデアや検討に検討を重ねた企画。
そのすべてを実現させるのは難しく、諸条件により実現に至らなかったモノ・コト・サービスが世の中にはたくさんあります。 モノゴトを完成させるプロセスのなかで、選ばれるものとこぼれ落ちていくもの。 その境界線は、「優れている」「優れていない」という基準だけでは測ることのできない、すごく曖昧で、 どうにも転ぶ可能性を秘めたものではないか。 今の時代のキーパーソンが持っているとっておきの未公開アイデアを存分に語っていただきます。 どれだけボツになろうとも「上を向いて歩こう」ということで名づけられた『SUKIYAKI』は 、日々アイデアを練り、実現に向け試行錯誤を繰り返す人々のためのコミュニケーションイベントです。 毎月第 4 水曜日に、クリエイティブスペース「THE TERMINAL」で開催します。

■ 日時: 2月22日(水)19:30 開場、 20:00~21:30 トークセッション、21:30~ 交流会
■ ゲスト: 大日本タイポ組合(タイポグラフィーユニット)
      村上 周(アーティスト/アートディレクター)
■ 場所: THE TERMINAL  http://theterminal.jp
■ 企画:堀内 明(4K[sik])/ 関 祐介(f.a.t)


■トークイベントのお申し込みはコチラ
- 料金:¥1,500/ with 1ドリンク+フード
- 定員:50名(予約制)
- お申し込み/お問い合わせ: 参加希望イベント名・参加者代表名・参加希望人数を記入して
info.terminal01@gmail.comまでご返信下さい。
※ 定員になり次第受付終了

【ゲスト情報】 ※五十音順

- 大日本タイポ組合(タイポグラフィーユニット)
秀親と塚田哲也の2人で1993年に結成。日本語やアルファベットなどの文字を解体し、組合せ、再構築することによって、新しい文字の概念を探る実験的タイポグラフィ集団。文字通りモジモジしながら文字で遊んで19年。文字と歩んで三千里。 ロンドン、バルセロナ、東京にて個展を開催。シンガポール、香港、韓国などでの企画展に参加。2007年コクヨよりTOYPOGRAPHYを発売。2008年結成15周年を記念して大日本タイポ組合のことがだいたいわかる文字字典「大日本字」を出版。

http://dainippon.type.org/
Facebook 〉〉dainippontypeorg


- 村上 周(アーティスト/アートディレクター)

1975年生まれ。神戸芸術工科大学プロダクトデザイン学科在学時にシルクスクリーンと出会い、イラストレーションやグラフィックデザインを学ぶ。卒業後、創作活動を続けながら、「AMDR」のアートディレクターとしてCDカバーデザインやファッションカタログのデザインの他、オリジナルブランド「amabro」の監修も手掛ける。

村上美術株式会社 _amabro/AMDR 〉〉http://www.murakamiart.jp
http://www.amanemurakami.com
Twitter 〉〉@amanemurakami
Facebook 〉〉amane murakami