THE TERMINAL

2012.05.26

シェアの未来
第2回 シェアの経済学[SOLD OUT]

シンポジウム「シェアの未来」
シェアハウス、カーシェアリング、SNS など、場所・もの・情報などをシェアするという考え方には、大量生産・大量消費時代の私有や消費とは明らかに異なる価値観が見て取れます。近年、急速に広まりつつある「シェア」は、私たちの生活に、そして社会に何をもたらすのでしょうか。

今回は、こうした新しい動きを作り出し、実践する方々をお招きし、「コミュニケーションのシェア」「シェアの経済学」「クリエイティビティのシェア」の3回テーマセッションと、そのまとめとなる「シェアの未来」の、計4回の連続シンポジウムを行います。

「シェア」をキーワードに、いま私たちの周りで起こりつつあること、その背景にあるもの、その先に私たちが目指すベき社会を、明らかにしてゆきたいと思います。


シェア研究会 有志一同

第2回 シェアの経済学[SOLD OUT]
日付:5月26日(土
時間:[開場]13:30 /[シンポジウム]14:00~17:00 / [懇親会]17:00~18:00
参加費:1,500円(1drink+food)
お申し込み:参加希望イベント名・参加者代表名・参加希望人数を記入し までご返信下さい。
(以上の内容は必須です。明記がない場合は受理されない場合もありますので予めご了承ください。)
※ 定員になり次第受付終了


シェアという言葉は、ときに共同で持ち寄り助け合うという、お金の交換を生み出さない枠組みのように捉えられがちですが、しかしシェアは、ビジネスとしても確立しつつあります。 第2回では、シェアを切り口としたワークスペースを運営する3人の方に、マネタイズの仕組みについてお話しいただきます。 関口正人さんには、今回の会場であるTHE TERMINALと3月にオープンしたばかりのSCAPE Rという二つのコワーキングスペースを中心に、展開されているシェアビジネスについてお話しいただきます。 田中陽明さんには、日本におけるシェアオフィス・コワークスペース運営の第1人者として、co-labとそこから生まれたコラボレーションプロジェクトについてお話しいただきます。 中村真広さんは次世代シェアビジネスの牽引者であり、最近の取り組みであるco-baで目指す新しいビジネスモデルについてお話しいただきます。 コメンテーターにはマーケティングアナリストの三浦展さんをお招きし、縮小社会においてビジネスを長期的に持続させる可能性と、シェアが生み出す新しい経済のかたちを探ります。

■登壇者:
- 関口正人(think green produce代表)
- 田中陽明(春蒔プロジェクト株式会社 代表取締役/クリエイティブディレクター・co-lab(シェアードコラボレーションスタジオ)主宰/クリエイティブファシリテーター/アーティスト)
- 中村 真広(株式会社ツクルバ 代表取締役 CCO/クリエイティブ・ディレクター)

■コメンテーター:
- 三浦展(社会デザイン研究者)

■モデレーター:
- 成瀬友梨(建築家・東京大学助教・成瀬猪熊建築設計事務所 共同主宰)
- 猪熊純(建築家・首都大学東京助教・成瀬猪熊建築設計事務所 共同主宰)

※5月26日の出演者プロフィールはこちら→ More Info

第3回 クリエイティビティのシェア(6月開催予定)
第4回 シェアの未来(7月開催予定)

企画
シェア研究会 有志

メンバー:
成瀬友梨(建築家・東京大学助教・成瀬猪熊建築設計事務所 共同主宰)
中村航(建築家・博士(建築学)・東京大学特任助教)
門脇耕三(博士(工学)・明治大学専任講師)
猪熊純(建築家・首都大学東京助教・成瀬猪熊建築設計事務所 共同主宰)
浜田晶則(建築家・studio_01主宰)

※ メンバーのプロフィールはこちら→ More Info

企画・会場協力 
コワーキングスペース THE TERMINAL