THE TERMINAL

2012.03.10

『ラーメンズ片桐仁さんと決める!
食パンは何枚切りが1番旨いか選手権』

雑誌『ケトル』最新号、「パン屋さん特集」はもう読まれましたか?
朝7時から開いてるパン屋さんばかりで、通勤前に腹ごしらえしたい人にはとっても嬉しい内容です。しかも朝からお酒が飲めるパン屋さんも!どんなお客さんの要望にも応えてくれようとする懐の深いパン屋さんは、多くの人に愛されるし、やっぱり愛さずにはいられません!

さてさて、今回のイベントは、特集内の1コーナーとして掲載されていた「食パンは何枚切りが1番旨い?」をリアルに皆でやってみよう!という企画です。

ゲストは、上記コーナーに、パンとの炭水化物つながりで登場されていたラーメンズの片桐仁さん、ネットニュース編集者の中川淳一郎さん。そして、超切れ味のよいパン切り包丁を作っているタダフサの曽根忠幸さんです。
司会進行はケトル編集部員。

まずはタダフサさんの切れ味鋭いパン切り包丁で、美味しい食パンを、12枚、10枚、8枚、6枚、5枚、4枚、3枚にスライス。さらにそれぞれ1口サイズに切り分けて、ゲストとお客さん、みんなで試食します。

■日時:3月10日(土)18:30 開場 / 19:00開演 / 21:00閉演
■出演者:片桐仁(ラーメンズ)/ 中川淳一郎(ネットニュース)/ 曽根忠幸(タダフサ)
■料金:2500円(食パン12枚切り~3枚切りの試食、1ドリンク付)
*ドリンクは、ビール、お茶、ジンジャエール瓶、ミネラルウォーター(軟水)からお選び頂けます。
■定員:先着60名

■お申込み:ignition.gallery@gmail.com
上記メールアドレスに、件名を「3/10食パンスライス選手権」として、お名前、ご連絡先、ご予約人数、ご職業、ご希望のお飲み物を明記の上、メールをお送りください。

【ゲスト情報】

■ 片桐仁
1973年11月27日生まれ、埼玉県出身。
多摩美術大学時代に小林賢太郎と共にラーメンズを結成。 99年、NHK「爆笑オンエアバトル」に第1回から参加し、人気を博す。以後、舞台を中心に活動を続け、 独自の世界を確立した。ソロとしてテレビ、映画などに出演するかたわら、舞台での客演も多数。 文章にもその個性と才能を発揮し、雑誌やwebでの連載を持っている。




■ 中川淳一郎
1973年生まれ。東京都立川第六中学校卒業。2001年に博報堂退社後無職を経てフリーライターになり 『テレビブロス』編集者になる。2003年から片桐仁さんのブロスの連載『おしえて なぜなら しりたがりだから」 (おしり)の編集を担当。現在はネットニュース編集者。





■曽根忠幸
1976年8月 新潟県三条市生まれ
明治大学卒業後で東京で会社員を経験後、2002年より株式会社タダフサに入社。
現在 取締役営業部長として現場での作業の傍ら、企画開発や経営にも携わる。